カバー効果が高い化粧品が50代の女性におすすめ

レディー

肌の水分を保つ保湿剤

頬を触るウーマン

総合的なスキンケア

アトピー性皮膚炎の肌には、常に保湿ケアが欠かせません。保湿剤も色々な種類があり、肌の水分保持を保つための保湿も必要です。セラミドを使った化粧品は、肌に水分保持のために優れたものとなっています。ただし化粧品にセラミドを配合させる場合に、合成界面活性剤を使用していることもあります。アトピー性皮膚炎の人が使うと刺激になるともあるので、使う前にパッチテストをすると良いでしょう。また肌に含まれるセラミドは、皮膚がターンオーバーする過程で生成されます。セラミドの量を増やすためには、ターンオーバーを正常にさせることが重要です。ターンオーバーを正常にさせるためには、栄養のバランスの取れた食事や規則正しい生活を起こることが重要なのです。このためアトピー性皮膚炎の人は、化粧品だけで保湿を行うのでなく、総合的にスキンケアを行う必要があります。

肌の水分を保持する保湿剤

アトピー性皮膚炎の人の多くは、保湿剤を使ってスキンケアを行っています。保湿剤には肌の水分量を保つタイプの製品がありますが、これは大きく3つに分けることができます。1つ目は外気の水分を吸着するタイプで、代表的なものにグリセリンや尿素剤などがあります。2つ目は水分を抱え込んで保湿するタイプで、肌の表面で水分を抱え込みます。このタイプの保湿剤には、コラーゲンやヒアルロン酸などが挙げられます。3つ目は水分を挟み込むタイプですが、角質の細胞間脂質の層の間に水分を挟み込みます。このタイプの保湿剤にはセラミドなどが挙げられます。これらの中で保湿効果が優れているのは、3つ目の水分を挟み込むタイプであり、セラミドは注目の保湿剤となっています。